毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

積層都市〈ケイオス・ヘキサ〉にて

読んだ時期がよかったのか頭の片隅にこびりついてはなれない小説がある、『ブラックロッド』という作品だ。
作品の善し悪しはキャラクターだと思っている。
印象に残る作品はキャラクターへの肉付けと愛が細部まで、そして脇役にまでゆきとどいている作品だ。
キャラクターは設定と世界を凌駕する。
だが、世界観を表した時点で完成を約束された作品も存在する。
この〈ブラックロッド〉はその類の作品だ。
積層都市〈ケイオス・ヘキサ〉、この世界観を完成したことに嫉妬する。
この世界は魔界都市〈新宿〉やあるいわ〈中つ国〉に比肩する。
この世界ではキャラクター達は翻弄され、使命あるいは運命を、そして人生を予定調和のごとく消費していく。
キャラクター達が生きる作品は現実からの逃避につながり、世界が蠢く作品は現実に向き合う話なのかもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/16(水) 03:45:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今はまだ押すつもりはない | ホーム | 平和な世の中だね>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoroha88.blog65.fc2.com/tb.php/64-e8d4c315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。