毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パズルをといてみろ

えー、最近無言電話に悩まされてます、何となく犯人に心当たりはありますが恐くてきけません。
            ホラーのキャラクターをあげろというアンケートをとれば恐らく9位とか10位にランクされるであろうビジュアル系ピン・ヘッド君の登場する『ヘルレイザー』を鑑賞。
この作品の雰囲気は好き。一応日常なのだが終末的雰囲気を不思議とかもしだしている。
異質な閉ざされた洋館。
暗躍する悪女ジュリアに小道具としてこれ以上ない程魅力あふれるパズルボックス《ルマルシャンの箱》。
表れ出でた魔道士。
彼らのビジュアルは必見。
恐怖を感じさせるキャラクターは多い、嫌悪感を抱かせるクリーチャーも少なくはないだろう。
だが、気品を感じさせるモノの存在は希有。
欲しいと思い、手に入れるために差し出す、それは人間としていや人間ならではの行動だろう。
欲しいものは増えていき巨大になってゆく。
己の手にあまると感じながらも肥大した意識はより多くを求める。
行き着く先は破滅しかないのかもしれない。
だがその破滅こそ究極の快楽なのだろうか。
魔道士ピンヘッドのビジュアルはそれを体現する。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/10(木) 02:29:13|
  2. 映画話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メキシカンとインディアンを含まず21人を殺した男 | ホーム | 見つけてしまった>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoroha88.blog65.fc2.com/tb.php/61-b9a7839c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。