毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気がついたら帰ってきていた最強の男・・・『スーパーマン・リターンズ』・・・

最近のアメコミ映画化ブームに乗り、ついにあの男がスクリーンに帰ってきた。
製作段階で色々なごたごたがあったにせよ(あのニコラス・ケイジに決まっていたらとおもうとゾッとする)彼は帰ってきたのだ。
さて、その感想だが、彼、別に帰って来なくてよかったのでは。
特撮技術やCG技術の向上によりこれまで映像化の難しかったヒーロー達が多種多様な能力をもってスピーディーに動き回り派手な大立ち回りを演じるようにはなったが、大抵は技術に振り回されてしまっている。
今回のスーパーマンはとてものんびりした展開の遅さを誇っている様だ。
ヒーロー達の命ともいえる疾走感は低速で炸裂し、同じく胆ともいえる心の葛藤は悲しいがまでに希薄。
X-MENのときもそうだがこの監督(ブライアン・シンガー)だがSF得意ではないよな。
20代以上の日本人の心に焼き付いている爽やかアメリカンマッチョ、クリストファー・リーブ&悪辣お馬鹿金持ちジーン・ハックマンのコンビにゲイ好きするひょろながマッチョの新人スーパーマン&ゲイ疑惑ハゲ、ケヴィン・スペイシーコンビはなす術なしか。
技術の向上で新しきスーパーマンは張りぼてCGの大空を低速で颯爽と飛翔し、技術がついていけなかった旧スーパーマンは伝説を疾走する。

  
   評価 星 2・5 (4段階評価)
スポンサーサイト
  1. 2007/01/17(水) 02:59:35|
  2. 映画話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<怪俳優の静かな咆哮・・・『ファントム』・・・ | ホーム | 初心者用劣化コピーテキスト・・・『バニラ・スカイ』・・・>>

コメント

科学・医学・技術

科学・医学・技術を探すなら http://www.umaiumai.biz/200162/101281/
  1. 2008/11/10(月) 18:24:36 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoroha88.blog65.fc2.com/tb.php/39-7456e2ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。