毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いざ行かん、至れり尽くせりの血糊地獄・・・『ブレイン・デッド』・・・

印象に残ると言えばこれ以上無いインパクトを誇る本作。
この作品を見る限り後に超A級大作『ロード・オブ・ザ・リング』を監督出来るとは思わないだろう。
全編を通してもうびっくりするぐらいチープな映像。
よくもまあここまで無茶苦茶やったもんだ。
アホで低俗なキャラクター達。
奇妙奇天烈なクリーチャー達。
ここまでやるのかという人体破壊描写。
下手すると一生のトラウマもの。
それをここまで楽しんで出来る監督はいない。
血糊だけが過剰気味なスラッシャーやスプラッタは観ていて恐怖を煽りもしなければ面白くも無い。
血糊の量を最大まで増やし、人体破壊の限りを尽くしたとしても生み出されるのは恐怖ではなく滑稽さだ。
ピーター・ジャクソンはそれをよく理解している。
ストーリーは役に立たない、後はどう魅せるかだ。
スプラッタというジャンルの一つの完成形がここにある。

      評価  星4  (四段階評価)
     満点であると同時に0点
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 00:28:56|
  2. 映画話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<飛びたて超一流B映画へのフライト・・・『スネーク・フライト』・・・ | ホーム | ただひたすらに・・・『ユナイテッド93』・・・>>

コメント

憧れの映画監督を目指して30代,40代で転職しました

映画監督は、映画に感動を注入する、映像づくりの演出家 http://knrrl.misterblackband.com/
  1. 2008/11/15(土) 04:00:59 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoroha88.blog65.fc2.com/tb.php/35-434e2459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。