毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あまりに勝手な拙者の映画理論

何とか今のところ順調である。
パソコンというものをほとんどいじらないのだが、今日は一人でここまでこれた、これからも頑張って着実に成長していこう。
さて、今日は映画について書こう。
僕は映画が好きである。
様々なジャンル、古いものから新しいものまで。
一つ一つについて少しずつ語っていこうと思う。
今回はつい最近見た「ナルニア国物語」にしよう。
う~んって感じの映画であった。
好きな人には申し訳ないが僕にはその程度の感じであった。
あまり、映画と映画を比べることは好きではなく、意味がないとはかんがえているが、ここはあえて「ロード・オブ・ザ・リング」と比べさせてもらおう。
この二作品似た様な感じなので比べられることが多いような気がする(あくまで俺視点)
ちなみに僕は「ロード~」は好きで原作も読破し、映画も好きである。
その偏った見方によって話を進めていく。
「ナルニア」については簡単にいうなら大人が作り出した子供のための童話であり、対して「ロード~」は大人が造った大人のための寓話である。
子供の視点で描かれた純粋な英雄譚であり成長の記録である「ナルニア~」、それぞれの視点で描かれる群像劇である「ロード~」。
それは映像にも表れ、「ナルニア~」は光ある世界であり、クライマックスである大規模な戦闘シーンも日中に描写される、対して「ロード~」は暗闇が中心であり、ダークな雰囲気で描写される。
CGを駆使し、世界の生き物を作り出した「ナルニア~」、古典的な映像技術と小道具を駆使し世界を作った「ロード~」。
どちらがいいとはいわない、好きな世界は誰にもあるからだ。
「ナルニア」はまだ始まったばかり、残念なことに僕は原作未読、これからどうなっていくかどうか、多少、かなり薄く期待しておく。
蛇足として
最近のファンタジーとしては「ハリー・ポッター」も入るが僕はこの作品、あまり好きではない。
ついでなのでこの三つを比較するときの僕個人の見解。
「ナルニア」ハリウッド好みの一旦くじけそれでも最後に必ず正義が、それもかなりわかり易い正義が勝つ、勧善懲悪ディズニー作品
「ロード~」アメリカに憧れ、裏にある暗い部分をみながらもそれでもなおアメリカを信じ戦い抜くニュージーランド出身の監督作品
「ハリー・ポッター」アメリカを意識しすぎ、ウィットにとんだ皮肉を入れそこなったイギリス原作の作品
ってな感じ。
まあ、結局映画鑑賞の行きつく所は
ここが大好き
と叫べること。
そしてそこに自分の見方を加えることにある。
どんな駄作も傑作になりえる。
思いは全ての作品を傑作にする。
まあ、僕は「ナルニア」より「ロード~」が好きってことで。
長々申し訳ない。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/06(土) 06:43:32|
  2. 映画話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<変わったことは好きですか? | ホーム | GWなんですね>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoroha88.blog65.fc2.com/tb.php/3-33340fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。