毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビー・クール

物凄く遅まきながら「Be Cool」を見ました。
こう見えても、どうも見えんだろうが、エアロスミスが好きなのだ。
期待してなかった割には以外や以外、なかなか面白い作品でござった。
出ている俳優陣がなかなか変。
皆様にはどう見えるか分からないんだが、ユマ・サーマン、この人綺麗か?
俺にはこの人の美しさが全くといっていい程伝わらないのだ。
何だか変に出来の悪いマネキン見ているみたいなんだよな。
相手のジョン・トラボルタはぷくぷくもっくんだしよ。
この二人のキスシーンが全然艶っぽくないんだよね。
微妙よな。
さて、映画全体は軽いムードで、軽快な感じであんまりクールって感じはしない、だからBe・Cool(クールに)ってことなのかしらん。
それはそれとしてハーベイ・カイテルは格好いいね、この人が一番クールだったね。
んで、ちまちま顔見せしていたダニー・デビート、この人の体格はおかしい、いや~なんだか見てて笑ってしまう。
誤解はしないで欲しいのだが、偏見やバカにした笑みではない。
この人、僕は好きだし、尊敬もしている。画面に映ると恐ろしくこの人は映える、そして共演者達を映えさせる。
有能で、一流のスターなのだ。
そしてザ・ロック、個人的にあまりこの人好きではなかったのだが、この映画の彼はいいね。
ゲイって設定だけど納得でございますな、ゲイの人は濃くてマッチョなイメージなのね、これが偏見。
最後まで安心して見れるおバカな映画です。
是非、一度ご覧になって。
以前は洋楽をよく聞いてたのだが最近はダメだな、ミュージシャンが多数出演してるのだが誰だがわからん、歳とっちゃいましたな。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/13(木) 00:51:56|
  2. 映画話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<う~む | ホーム | ふれあいが・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoroha88.blog65.fc2.com/tb.php/20-3db8ca1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。