毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近読んだ本、つっても漫画ですが

えー、漫画喫茶に止まる事が多い為、よく漫画読んでます。
で、最近読んだなかなか面白かった漫画だす。
「花より男子」、「君に届け」、「ライフ」、「ホットギミック」等いわゆる少女漫画です。
いやー、なめてた、どれも面白い。
まず「花より男子」ドラマは全く見てないが、話題にはなってたな、ぐらいしか予備知識がなかったが、お姫様願望を満足させる読みごたえがある内容だった。
「ライフ」これもドラマ化されていたな。内容はなかなかヘビーな虐めもの。闘う女の子が格好いい。
「ホットギミック」残念ながらこれはあんまり残ってない(じゃあ書くなよ)。
「君に届け」何か爽やかなストーリーでまだ完結してないのでまだ何とも言えないが結構ツボにはまったな。
さて、この少女漫画群に出ている男子達、みんな綺麗なのね。
これってやっぱり女の子達の願望なんだろうね。
少年漫画のキャラの巨乳やドジメガネ等いわゆる萌えなんだろうね。
かつて男子高校生だったのでよく分かるが高校生の男子の八割はヤりたい願望で動いてる。
まあそれはいいとして少女漫画群をよんでいて思うのはやはり女の子は深く、男には理解できなくて、そして凄いってこと。
男の子の漫画はスピードや迫力等見せ方が命の部分がある、努力やら友情やらを少々あざとく使う。
でもそれは男の子の願望だ。
少女漫画のキモはその内面世界だ。
愛情や友情を重ねる過程は男の子より複雑怪奇であり計算高くありながら、より純粋だ。

少年漫画の核となる思念それは強さである。
敵を倒し自分という個で他者を侵略するという願望を様々な形でアプローチしている。
たいして少女漫画の核もまた強さである。
ただし、少女漫画における強さは自分が自分であり決して侵されない個であることをよしとする強さである。
様々な事に出会いながら自分をいかに高めるかという思いに起因する。

少年達は絶大な力を持つ敵に向かい、少女達は自分自身というあがなえない敵に向かう。
少年少女達よ、頑張れよ。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/23(木) 01:36:40|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近思うこと

何てことないのだか、信号機について語る。

信号、何故か俺の前で必ずといっていいほど赤になるんだよな。
まあ、偶然ということはよくわかっているのだか、誰かに見られてるんじゃないかと思うほどである。
これは昔からそうで何人かで歩いていても俺だけ取り残されるということが多々あるのだ。
間が悪いといってしまえばそれだけなのだろうが。
しかし、俺はこれに異を唱える。
陰謀説を強く押そう。
つまり何者かが俺の時間を奪うため、急がせないためにわざわざコンマ単位で信号機を操作しているのだ。
何のために?
それが問題だ。
その何者かは信号機を操作出来る。
つまり大抵の機械類を操作出来るとみていいだろう。
恐るべし。信号機のシステムはよくわからないが渋滞などがなるべく起こらないよう計算されているはずだ。
それらを狂わすことなく人の時間を奪うのだから相当恐るべき存在だ。
こんな事態におちいっているのは俺だけなのか?
いや、恐らく他にも何人かこのシステムに捕まっている人間はいるはずだ。
そして奪った待機時間をなんらかの目的に使っているのだろう。
信号機の前に重さを感じ、エネルギーに変える装置があるのかもしれない。
その装置にぴったりと波長があうのが俺なのかもしれない。
あるいは別の超次元の存在が、壮大な人間観察を行っており、それに選ばれているのが俺なのかもしれない。
人類が滅びたらすまない。
なーんてね。
うーん、久々に書くブログがこんなんでいいのか?
疲れてんなー俺。
  1. 2009/04/16(木) 05:17:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。