毎度なこと

日常の発見、愚痴、文句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結論てして

バイトの女の子がキャーキャー騒いでいる。
客商売なんだからあんまり見えるところで騒がなくて欲しいのだか。
仕方ない。
何事かと声をかけ、近付くことにする。
なんのことはない、見ればそこには蜘蛛が一匹。
原因はこいつらしい。
蜘蛛は苦手なんです、だと。
俺も虫という生き物は基本的に好きではないのだが仕方ない。
アシダカグモだな、こいつは。
素早いので潰さないように気をつけて手でくるみ店外に逃がしてやる。

バイトの女の子が奇妙なものでもみるかのような視線をこちらに向ける。
潰すとでも思ってたか。
心なしか好感度が下がった気が。
平気何ですか、と聞いてくるので、人体に決定的なダメージを与える類の毒を持つ蜘蛛は日本国内にはいない、もしいたとしてもこいつは違う、と応えておいた。
多分、いや間違いなくそういうことではないだろう。

さて、蜘蛛といえば映画なんかでは巨大化したり、猛毒持ってたりして、ひたすら人間を襲っているというあまりよいイメージの生き物ではない。
よいイメージがあるのはアメコミ出身の全身タイツでマスクがパンツ被ったみたいに見える赤いあいつぐらいなもんだ。
しかしこの蜘蛛ってやつは人間の生活に非常に密着している。
生息域は多岐に渡り、環境への適応力は抜群。
生物としてかなり古い歴史を持ち、結構早い段階で捕食者としての地位を固めてきている。
余談だが、室内でたまにみかけるアシダカグモ、巣をはらずに猛スピードで動き回るあいつね、こいつもともと国内産ではないらしい。
蜘蛛というやつは人間にとって間違いなく益虫である。
害虫を捕食しまくり、田畑では農作物へのダメージはないときている。
無農薬を掲げる農家にとってかなり頼もしい守護者であり、室内においてもゴキブリなどの害虫を狩りまくるありがたい存在であるはずなのだ。
というよりむしろその為に輸入された生き物。
また、その糸は自然界において最も強靭で軽く比類なき繊維であり、非常に興味深い研究対象になってもいる。
このようにかなりの有益率を誇る彼らだか、その人間に与えられた称号は悲惨なものがある。
その名もずばり、不快害虫。
こんな不名誉な称号あるか。
役立つ事は証明されたのに、その姿が不愉快だって。
理不尽な。
そりゃ、歩いてて蜘蛛の巣に引っ掛かったら気分悪いさ。
だからといって不快害虫はないよ。
所詮世の中顔なのか。

そんなことを考えた1日でした。



スポンサーサイト
  1. 2011/08/26(金) 04:03:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

眠れない

眠いんだけど眠れない。
不眠症というやつだ。
辛い。
それはそうだ、こいつは人間の生存要求に逆らう行為なのだから。

不眠症であるということを言った場合、大抵の人がこう問い返してくる。
何で眠れないの。
愚問だ。
理由が分からないから眠れず、理由がないからこそ安眠出来ないのだ。
そう、理由はないのだ。
ただ、眠れない。
それだけだ。
すこぶるシンプルな理屈だ。

世の中を生きてゆけば誰しもが必ずと言っていいほど口にする言葉がある。
それは、何故?という言葉。
世界は理由を求めたがっている。
知的要求は人間の進化を最も高めたものであるかもしれない。
お腹がへるにも理由はあり、その理由故に説明はされ解決される。
理由がわかるからこそ、核は融合され、細胞は死滅と再生を繰り返し、人はすり減った靴を買い替える。
だからこそ世界は清く正しく動くのだ。
しかしだ、その理由を求めるが故に苦しむ。
あの人を好きになる事にも理由は必要なのか?
説明されねばならないのか?
人が人を愛するのにも当然科学的メカニズムがあり、解析はされよう。
心理学の名の元に憎しみも悲しみも説明されよう。
内戦の続く国で根元を明かされ、いかに愚かであるか机上で語ることは可能だろう。
交通事故の原因が白日の元にさらされ、その衝撃が人にどれ程のダメージを与えるのか数値で見み、それゆえにこの骨が命がちったのだと語られよう。

だが、理由を知ったところでなんになる。
理由を語ることが全てではない。
人は時に理由なく動く。
納得出来ぬまま動くのだ。
それすらも解明せねばならないのか。
納得出来ない部分をかかえ、理由をもたぬ部分と生きることも許されないのか。
頭に疑問符を持つのは人が人として生きるという事だ。
答えを求め、探し続けることは正しい道だ。
だからこそ説明できぬ事象、理由なき事柄、納得出来ぬ事態は愛しく、魅惑的だ。
全く、人とは不可思議で、嫌味で、可笑しく、愛しい。
  1. 2011/08/21(日) 04:18:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

クチュンの謎

くしゃみってさ、何かしんどいよね。
肋骨外れそうになんだよね、時々。
それはさておき、さて、くしゃみの音といえばなんだろう。
一般的にはハクションだよね。
大魔王もそうだしさ。
自分のくしゃみは多分ハックションなんだよ。
だいたいみなさん一緒だよね、少々の誤差はあるんだろうけど。
少し変わったところでいえばイークションとか(加藤茶風ね)、クシュンになると思うわけなのだが。
大体周りの連中はハクションに落ち着き、それが普通だよ思ってたんだよね、俺は。
ところがだ、アルバイトの若い女の子(大学生)が信じられないくしゃみをしたんだな、これが。
それがクチュンだ。
あのアニメとかで女の子キャラがやるあれである。
現実世界でまさかお目にかかれるとは思っても見なかった。
その響きは俺の心に凄まじい勢いで鳴り響いたね。
動きが完全に止まりましたよ、もう。
思わず聞いちゃたよ、今の何ってさ。
迷わずまっすぐな瞳で断言させられちゃたね、くしゃみですって。
狙いだよね?
いいえ、家は全員こうですよ。
なんかショック。
ジェネレーションギャプってやつかね。
いいや、違うな。
なんだろうこの感じ。
えーと、お父さんも?
はい。
つまり、いいおっさんが(失礼)クチュンってするわけか。
そんな馬鹿な事があるか。
と、思いつつもそうとうの興味を持ってしまった。
今その女の子のくしゃみをひたすら待っている。
何かもう一回聞きたいなと。
そして誰かに確かめたい、あなたの周りにクチュンはいませんかと。

いや、世の中はちょっとしたことが本当に面白い。
  1. 2011/08/20(土) 04:15:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハローMr.チン

電子レンジって便利だよね。
うちのお店ではこいつが大活躍、ほぼ1日働きっぱなしである。
バイトの一人は何故かこいつをチンさんと呼ぶ。
よって僕は敬意を込めてMr.と呼んでるわけだが。
そういえば電子レンジを使用することは未だにチンすると呼ばれてるのだろうか。
まあ、それはいい。
うちのお店のMr.チン氏は少々型も古く無駄に大きいが働き者であることは間違いない。
しかし彼は少々短気で困るのだ。
仕事中ゆえに私も色々と考えて動いているわけ。
そこには段取りというものや、優先順位というものが存在する。
セオリーを無視すれば逆に遅くなったりするんだよ。
ついでに、どうしても手が離せない時ってやつもあるわけだ。
それなのに、にも関わらず、Mr.チン氏は自分の仕事が終わればTPOに関係なく人を呼びつける。
一度で無理なら何度でもしつこく人を呼びつける。
独特の甲高いピーピーとした声で。
Mr.チン氏、俺はあんたに敬意を払ってるし、忘れたつもりはない。
ただ、今はその時ではないのだ。
わかってくれないだろうか。
少しはくみ取ってくれないだろうか。
あんたちょっと勝手過ぎんだよ。
とはいえだ、あんたは自分の仕事を終えているわけだから、その気持ちも分からないではない。
Mr.チン氏とはこれから先も長い付き合いになるだろう。
だからあんたとはもっとうまく付き合っていきたい。
俺が折れてスムーズに事が進むならそれはそれでいいさ。
あんたの仕事は尊敬に値するもんだしな。
これからもよろしく。
そして本日もご苦労様。
もうちょい気を長くしてくれると嬉しいよ。
  1. 2011/08/18(木) 03:22:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何か

真面目にやろうとは思うんだよね。
ただ、その真面目ってやつに今まで縁がなくて、真面目のやり方が分からない。
真剣ってやつとも本気ってやつともそう深い付き合いはない。
しかしだ、今そいつらとちょっと身近に付き合っていきたいんだよね。
まずは、努力ってやつと真正面から向き合ってみるつもり。
よろしくね。
  1. 2011/08/17(水) 03:43:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。